スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「小津安二郎」

小津安二郎の名前を知ったのは
カズオ・イシグロ「日の名残り」を読んだからだ。
「日の名残り」第二次大戦下で極秘会議が行なわれた
とある洋館主人に仕える執事物語である。
結局、極秘の事実を知ってもこの執事は何もできない。
好きな女執事とも駆け落ちできないさまだ。
このカズオ・イシグロは何人か、どんな人間かというアイデンティティを否定していて言葉の無力さを一貫して主張している、と言う講義を受けた後小津安二郎の作品を見なさいと言われたので見た。
ほとんどの作品の主演をつとめる笠智衆は「男はつらいよ」などで知られる大御所の俳優であるが、小津作品を見て驚いた。
見事なまでに台詞に感情がこもっていない。
最初見た時は棒読みかと思ったけれど、何回も見るうちに不思議とその方が悲しさ、せつなさが伝わってくるのがわかった。
「東京物語」「秋刀魚の味」はぜひとも見て欲しい作品だ。
スポンサーサイト

タグ : 小津安二郎 カズオ・イシグロ 「日の名残り」 第二次大戦 極秘 会議 洋館 主人 執事 物語

「震える舌」

この映画を見ると、なぜか合唱曲「魔王」を思い出します。

病気子供を、魔王お菓子やらおもちゃやらでつって死の世界に連れて行こうとするアレです。

ストーリー自体は病気になった子供が必死に看病するという単純な流れなのですが
その中に病気の恐怖が肉迫してきます。

破傷風という病気をご存じでしょうか?

破傷風菌が傷口から侵入し、けいれんやひきつけを起こし死に至る怖い病です。

その描写がかなり真に迫るもので見ていて手に汗握ります。

ちょっと気分も悪くなります。

けいれんにより子供が何度も舌をかみ切ってしまうのですが

その時の真に迫る悲痛な叫び。真っ赤な血。の悲壮な表情。

トイレも行くことができないので体中にチューブを通され、意識不明のまだ幼い子供

ぜひ見ていただきたいので、結末は言いませんが

一時も目を離すことのできない素晴らしい社会派サスペンスです。

タグ : 映画 合唱曲 「魔王」 病気 子供 魔王 お菓子 おもちゃ 死の世界

プロフィール

makotanta

Author:makotanta
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。