スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ファンタスティック・プラネット」

さあ、始まりましたthenightseekerオススメの映画コーナーです。
記念すべき第1作はアニメーションです。
フランス巨匠ルネ・ラルーによる隠れた名作「ファンタスティック・プラネット」です。
この作品は、話の大筋は誰もが考えそうなSF人類絶体絶命ものなんですが存在としては
異端そのものです。まるで地味な服を着た江頭2:50のような感じです。
というのは、この作品はまず絵が奇妙で動きも切り絵アニメーションのような不可解さがあるからです。
主人公は当然人間なんですが、どうして人間と宇宙人は必ずけんかしちゃうんだろうなぁ。
人間より馬鹿でかいサイズのドラーグ人(宇宙人)ってやつが、人間を抹殺・・・っていうかお掃除しちゃう。そう、ちょうど掃除機のような機械で、ゴミくずのように吸い取っちゃうわけ。
ほんと、やってらんないよね。当然、人間は反乱を起こしますわな。
虫のように小さな体の人間達は力ではとても太刀打ちできないから、頭でなんとかしようとするんだけど・・・。
クライマックス(ドラーグ人を撃退する場面)なんかはかなり訳のわかんない感じになっちゃっています(笑)が必見です。
あんましレンタルビデオ店では見かけない感じの作品だから、深夜の映画放送やワゴンセールかなんかで安売りしていたら要checkitout☆(←普通に買うことをすすめなさいって;)
スポンサーサイト

タグ : 映画 アニメーション フランス 巨匠 ルネ・ラルー ファンタスティック・プラネット 江頭2:50 宇宙人 レンタルビデオ

プロフィール

makotanta

Author:makotanta
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。